スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米投資家が語る日本の「国家破綻」の可能性…? 

 またアメリカ人投資家か…アメリカ人の投資家はいつも日本から目が離せないようだ。

 それもそのはずで、日本の国債発行高が先進国の中でもかなり異常な数値を出しているからだ。

 皆さんご存知のように、日本は超のつくほどの借金大国であり、その額は800兆円以上に達し、国民一人当たり(この表現、あんまりしっくりこないんだけどネ)1500万円以上という結果がでている。

 で、かなり異常というのがどのぐらい異常なのかというと、G20諸国の対GDP比負債率が平均72.5パーセントなのに対し、日本はなんと217パーセント(!!)にも及ぶというのだから、その「ケタ違い」も納得。

 ちなみに、去年のことで若干古いが、かの有名なやる夫氏も来たり得るであろうハイパーインフレをやさしく解説しているのでご参考にどうぞ。


参考
国債増発で日本が「国家倒産」 米投資誌が「ありうる」と紹介 J-cast(2009/9/29)
日本の借金時計 財部誠一氏HP
やる夫で学ぶハイパーインフレ ベア速

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://r38332000.blog112.fc2.com/tb.php/28-fc4e5235

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。