スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JALの今後 

 先日、JALと世界最大のアメリカの航空会社、デルタ航空との業務提携案が発表されました。

 なんと増資額は約2500億円、かなりの規模ですね。

 おかげで株価も若干上昇がきましたが、皆さんに言いたいのは、あまり軽率な行動をするのはお勧めできないということです。慎重に、行動してください。

 というのも、提携するのは外国の、アメリカの企業です。そして、日本の現政府(正確には16日からですが)は民主党ということもあり、大企業支援に積極的に取り組む可能性は限りなく低い。加えて、労働団体やOBの年金減額阻止の圧力があります。そういう中で、JALは再建していかなければなりません。JALが日本から無くなる日も、可能性としては依然高い傾向にあります。

 JAL買いブームに安易に乗らず、ここは冷静な見方をするほうが懸命だと思います。





 

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://r38332000.blog112.fc2.com/tb.php/6-fb1aa4d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。